カマグラゴールドはなぜ人気?国産ジェネリックとの違いは

国産のバイアグラジェネリックとカマグラの違い

国内外でさまざまなバイアグラ・ジェネリックが流通しているなか、カマグラゴールドが人気の秘訣はどこにあるのでしょうか。

カマグラゴールドと国産のジェネリック、それぞれを選んで得られるメリットについて考えていきましょう。

ED治療を手軽にするカマグラゴールド

カマグラゴールドの魅力:コストパフォーマンスがバツグンにいい!

販売価格は通販サイトによって若干の差はありますが、4錠で1,850円が相場。
1錠に換算すると462円です。

先発薬であるバイアグラは1錠1,300~1,500円なので、カマグラゴールドの安さはさすがジェネリックといったところ。

注文数が多いほど割引率がアップするサイトもあり、お悩み宅急便では4錠/1,830円、20錠/8,270円、40錠/14,710円。
どうせ消費するとわかっているなら、多めに買うのが得策です。

また、通販で買えるという利便性も大きなプラスポイント。
24時間いつでも注文できて自宅に届けられるのを待つだけなので、多忙なサラリーマンにピッタリです。
通院の必要がないので、誰の目につくことなくバイアグラのジェネリックが買えるのもうれしい限り。

日本では取扱いがない100mgという選択肢があるのも、海外製品ならではです。
50mgで効果が物足りないという人は、カマグラゴールドで100mgを試してみるのもおススメ。

日本製のバイアグラ・ジェネリック

1998年に販売開始されたバイアグラは、2013年に特許が満了しました。
それ以来、日本でもさまざまな製薬メーカーがジェネリックの開発・販売に着手しています。

商品名は「シルデナフィル錠」+企業名。

製薬会社 商品名
キッセイ薬品 シルデナフィル錠 25mg VI 「キッセイ」
陽進堂 シルデナフィル錠 50mg VI 「YD」
東和薬品 シルデナフィルOD錠 50mg VI 「トーワ」

東和薬品が作っているOD錠とは口内崩壊錠のこと。
口のなかですぐに溶けるので、水がなくても服用できるという長所があります。

薬の剤形もメーカーによってさまざまで、バイアグラの特徴を受けついて水色×ひし形をしたもの(富士化学薬品)、水色だけど楕円形(陽進堂)、白で円形という普遍的な形状(東和薬品)など。
価格帯は50mg/1錠で1,000円が相場で、25mgなら650円ほど。
バイアグラと比べて安価ですが、カマグラゴールドと比べると割高感は否めません。

とても安い!というワケではないにも関わらず、国産のジェネリックが売れているのはジャパンクオリティに対する信頼感
日本の衛生基準や製薬レベルで生み出されたジェネリックなら間違いはないだろうという安心感は大きいですよね。

また自分が抱えるEDの症状や処方される薬について医師と顔を合わせて説明を受けられるのも、不安を減らすきっかけに。

カマグラゴールド(通販) 国産ジェネリック(処方)
国産ジェネリックよりも安価 バイアグラよりも安価
誰とも合わずに済む 医師と対面で相談できる
通院の手間と時間をカットできる 通院のためにスケジュール調整が必要

このように、カマグラゴールドの通販で得られる利便性とコスパor通院して処方薬を出してもらう安心感、それぞれが持つメリットは違います。
どこにプライオリティを置くのか検討し、ジェネリックを選んでくださいね。